Entries RSS Comments RSS

界面活性剤のメリットとデメリット

界面活性剤は、洗剤や洗顔料、化粧品を初めとして、様々な製品に使われています。
現代は、界面活性剤がなければ成立しな時代とすら、いえるのではないでしょうか。

界面活性剤は多くの有用な効果を持つものですが、同時にデメリットも数多くあります。

界面活性剤のメリット・デメリットをきちんと知ることは、
健康な生活を送っていくためには欠かせないことだと思います。

そこでこのサイトでは、界面活性剤の効果や役割、
そして同時にデメリットを紹介することにより、
界面活性剤との上手な付き合い方を考えていく一助になればと思っています。

界面活性剤とは?

「界面」とは、水と油のように交じり合わない物質が、
お互いに接する境界のことを意味する言葉です。

界面は不安定であり、できるだけ界面の面積が小さくなるようにする働きが生まれますが、
界面活性剤は、この界面を安定化させ、両者が交じり合う役割を果たします。

界面活性剤は、一つの分子の中に水と結びつきやすい部分と、
油と結びつきやすい部分の両方を持っています。

界面活性剤が水の中に入った時には、
水と結びつきやすい部分を外側に向け、球状の構造を取ることになります。

球の中は、油と結びつきやすい部分となっていますから、
この中に油を取り込むことが可能となり、界面活性剤を用いることにより、
本来は交じり合うことがない水と油を、均一に混ぜることが可能となります。

界面活性剤のこの性質により、
界面活性剤を使えば油を水に溶かして取り去ることができるようになるため、
界面活性剤は洗剤や石鹸、洗顔料などの主成分として大量に使用されることとなっています。

また水分と油分を均一に混ぜることができるようになることから、
界面活性剤は化粧品の乳化剤としても多く用いられています。

界面活性剤の種類について

界面活性剤を含む洗剤は、大きく分けると「石鹸」と「合成洗剤」とに分けられます。

石鹸は、天然油脂を原料として作られるもので、
天然油脂を「鹸化」と呼ばれる化学反応を起こさせることによっています。

石鹸の化学物質としての名称は「脂肪酸塩」です。

それに対して合成洗剤は天然油脂が含まれるものもありますが、基本原料は石油です。

界面活性剤の人体に対する影響について

界面活性剤が含まれた洗剤は、現在使用されているものについては、
基本的に肝臓で分解が可能です。

また分解できないものについては体外に排出されることになり、
体内で蓄積されてしまうことはありません。

もちろん一度に多量を摂取するようなことがあれば危険性はありますが、
そうでない限り、発がん性や催奇性など、
人体に深刻な影響をおよぼすような作用は少ないと言われています。

ただ界面活性剤が人体に及ぼす影響のうち、問題となるのは刺激性です。
界面活性剤は肌の表面にある角質に作用し、滑らかさを奪う作用があります。

そのため界面活性剤を長時間使用したり、
作用の強い界面活性剤を使用したりした場合には、
肌荒れ等を起こすことがあります。

界面活性剤の環境に対する影響

界面活性剤は、その種類によってはなかなか分解されにくいため、
排水として河川に流されると、河川を汚染し、
水生生物に悪影響与える可能性があります。

そこで最近では、より環境に与える影響が少ない、
分解されやすい界面活性剤が、洗剤などに使われるようになっています。